投稿日:2014/01/05 更新日: その他 論文紹介

From x-rays to silly putty via Uranus: serendipity and its role in web search

Paul André
Jaime Teevan
Susan T. Dumais
In Proc. of CHI 2009
http://dl.acm.org/citation.cfm?id=1518701.1519009

背景・目的

Web検索におけるserendipityの影響を調査することを目的とした論文.より具体的には,以下の2つの疑問を明らかにすることが目的.

  1. Web検索中にserendipitousな検索結果と遭遇する可能性はあるか.
  2. 検索結果のpersonalizationはserendipitousな検索結果と遭遇する機会を減らすか.

この研究では,serendipityな検索結果を,「ユーザの検索意図には沿っていないがユーザが興味を持つ(クリックしたくなる)ページ」としている.

評価方法

被験者は自分が検索したい任意のクエリを入力する.Live Searchという検索エンジンの検索結果上位50件のうち,奇数位の25件をランダムに並べてユーザに提示する.ユーザは,各検索結果に対して「relevance」スコアを3段階で評価(very relevant,partially relevant,Not relevant)し,「interestingness」スコアも3段階で評価(very interesting,partially interesting,not interesting)する.
評価者は36人で合計92個のクエリを使用.

評価結果

interestingnessの評価がvery interestingまたはpartially interestingで,かつrelevanceの評価がpartially relevantまたはnot relevantなページはserendipitousなページである可能性が高いが,このようなページは全体の21%であった.
クエリの長さや,検索結果数はserendipityと相関はなかったが,Live Searchのクエリログを用いて調べたところ,クリックエントロピーの高いクエリほどserendipitousなページが多く含まれていた.

各被験者のPC内のテキスト情報およびWebのブラウジング履歴から,各被験者に対する各ページのpersonalスコアを既存手法を使って計算すると,personalスコアの高いページほどrelevanceスコアもinterestingnessスコアも高い傾向にあった.
特にWebのブラウジング履歴を用いたpersonalization結果がinterestingnessスコアと高い関係があった.


-その他, 論文紹介
-

関連記事

Ready to buy or just browsing?: detecting web searcher goals from interaction data

Guo, Qi Agichtein, Eugene In Proc. of SIGIR 2010 http://dl.acm.org/citation.cfm?id=1835473 概要 ユーザの検索 …

Struggling or Exploring? Disambiguating Search Sessions

Ahmed Hassan Ryen W. White Susan Dumais Yi-Min Wang In Proc. of WSDM2014 概要 長い検索セッションには,ユーザが情報の探索をして …

VODUM: A Topic Model Unifying Viewpoint, Topic and Opinion Discovery

Thibaut, Thonet and Guillaume, Cabanac and Mohand, Boughanem and Karen, Pinel-Sauvagnat In Proc. of …

【論文紹介】Fun Facts: Automatic Trivia Fact Extraction from Wikipedia

Tsurel, David and Pelleg, Dan and Guy, Ido and Shahaf, Dafna WSDM 2017 ACM, PDF 概要 人物名を対象として、Wikiped …

From Skimming to Reading: A Two-stage Examination Model for Web Search

Liu, Yiqun Wang, Chao Zhou, Ke Nie, Jianyun Zhang, Min Ma, Shaoping In Proc. of CIKM 2014 http://dl. …