投稿日: その他 論文紹介

Emotional Divergence Influences Information Spreading in Twitter

Rene Pfitzner
Antonios Garas
Frank Schweitzer
In Proc. of ICWSM 2012

概要

ツイッターでリツイートされやすいツイートの性質を、ツイートのセンチメントという観点から分析。

ツイートのセンチメント分析

SentiStrengthと呼ばれるツールを使用してツイートのセンチメントを分析。このツールでは、単語のポジティブ度合い、ネガティブ度合いをそれぞれ5段階で判定する。ポジティブは1~5、ネガティブは-1~-5。ツイート内にポジティブな単語が複数個ある場合、ポジティブスコアの最大値をそのツイートのポジティブスコア(p)とする。ネガティブは最小値がツイートのネガティブスコア(n)となる。
pnのスコアに応じて、ツイートをポジティブ(|p|>|n|)、ネガティブ(|p|<|n|)、ニュートラル(|p|=|n|)の3種類に分類。

ツイートのポジネガとリツイートの関係

リツイートされていないツイートのネガティブ、ニュートラル、ポジティブの割合は19.9%、33.8%、46.3%であるのに対して、リツイートされたツイートのそれは19.8%、31.4%、48.8%と大きな差はなかった。これより、ツイートのネガポジはリツイートされやすさには影響がないことがわかった。

ツイートのポジネガの振れ幅とリツイートの関係

ツイートのネガポジの振れ幅をp-n/10で定義。たとえば「I love hating you」というツイートに対して、love=3、hate=-4とSentiStrengthによってスコア付けされた場合、ネガポジの振れ幅は0.7となる。振れ幅は0.2~1の値をとるので、このツイートの振れ幅は大きい。

ネガポジの振れ幅とリツイートのされやすさの関係を調べたところ、振れ幅が0.5以上の場合、リツイートされる確率はリツイートされない確率を上回り、振れ幅が0.9のとき確率は最大となる。


-その他, 論文紹介

関連記事

Information Credibility on Twitter

Castillo, Carlos Mendoza, Marcelo Poblete, Barbara In Proc. of WWW 2011 http://dl.acm.org/citation.c …

Measuring Pair-Wise Social Influence in Microblog

Zibin Yin Ya Zhang In Proc. of SocialCom 2012 概要 Weibo上でのリツイートのモデル化を提案。提案モデルを使うことで、ユーザAのツイートがフォロワーのユ …

【論文紹介】LARM: A Lifetime Aware Regression Model for Predicting YouTube Video Popularity

Changsha Ma and Zhisheng Yan and Chang Wen Chen CIKM 2017 PDF 概要 YouTubeに投稿された動画の、投稿後の短時間(1日とか1時間)で得 …

Identifying task-based sessions in search engine query logs

Lucchese, Claudio Orlando, Salvatore Perego, Raffaele Silvestri, Fabrizio Tolomei, Gabriele In Proc. …

Time-critical search

Mishra, Nina and White, Ryen W. and Ieong, Samuel and Horvitz, Eric In Proc. of SIGIR 2014 概要 一緒にいる人 …